ファストファッションとは?

ファストファッションという言葉をテレビやファッション雑誌で取り上げられています。
2000年の中頃からファストファッションという言葉が使われるようになり、2009年にはユーキャンの新語・流行語大賞においてトップ10に入るほど多くの人に注目されています。
ファストファッションの語源は、ファーストフードになぞられてつくられたと言われています。
ファーストフードは、安くて早く提供できるのが一番の特徴です。
ファストファッションの場合、流行を取り入れながら大量生産する事で低価格を実現させ、短いサイクルで販売されている洋服ブランドの事を指します。

ファストファッションは日本から発信されている有名ブランドもあれば、海外から発信されているブランドもあります。
日本ではデフレや不景気の影響を受け、若い世代から中心的に広まったファストファッションも中高年層にまで支持されています。

日本で代表的なファストファッションブランドと言えば、一番はユニクロです。
どの家庭でもユニクロの服は必ず一着はあるのではないでしょうか。
それほど各家庭の日常に浸透しているファストファッションだと言えます。
その他にもGU、しまむら、無印商品などが上げられます。
また日本以外でも最近では海外のファストファッションが参入し、人気が高くなっています。
アメリカからはGAPやフォーエバー21、スウェーデンからはH&M、スペインからはZARAなどの海外ブランドが支持されています。